FC2ブログ

芝居で出合った 演出家、俳優の 現場のイイ話。私の本箱、イメージを言葉にする とっておきの方法 。 エッセイ、イラスト、本のコレクションの紹介、その他 私のお気に入り あれこれ 

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DENさん語録

「 」つきの演技はいらないよ

        DENさん語録 (1)

「とりあえずの死」
満蒙開拓団として満州に渡って
命からがら生きながらえ ついに日本に帰れずに
養老院で晩年を過ごす 中国残留婦人4人を中心とした芝居です。

夫とも生き別れ、身体も売り、子供も手放し、
養老院にたどり着いた今は
酒浸りの「ボロぞうきん」のようになった女
それが私の役でした。

私の母より遥かに上の、80代の紀奈瀬さんと、同い年の役!
よくぞ、こんな難役を やらせてくださったと感謝したものの
いやいやいやいや…どこから どうすれば いいものか…

見かねた演出家のDENさんの最初のアドバイスです。

「悲しいシーン」「良き妻」「夫婦の愛情」…
そういう「 」括弧つきのものを 全て捨てること。

そういうものを表現しようとしないこと。

「とりあえずの死」はこれまで何度か上演されていますが
初演の俳優座の時も 結局「 」つきになってしまった。
今回は もっと違うものにしたい。…とのこと。

そこで、「 」つきにならないための
DENさんと 私たちの格闘が始まりました。


   注: 「 」とは… パターン化された演技のこと
       これについては、このあとの ブログに続きます   







関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はんがん

Author:はんがん
河崎早春(かわさき さはる)
俳優、朗読家。

舞台の案内、これまでの舞台、仕事歴は
公式HP 「ことばの国」

朗読、語りの様子はYouTube
「ちりぢごく」「瘤取り」ほか

YouTube Facebookにて「本に囲まれて」
本に関する情報を発信中。

プライベートな 趣味の世界は Facebook

なお、武者小路実篤記念館のHPで
詩の朗読の映像も見られます。
→ 「詩の世界」

最新コメント
最新トラックバック
ようこそ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。