FC2ブログ

芝居で出合った 演出家、俳優の 現場のイイ話。私の本箱、イメージを言葉にする とっておきの方法 。 エッセイ、イラスト、本のコレクションの紹介、その他 私のお気に入り あれこれ 

未分類

「注意点」…イメージから言葉を(5)

 いかがでしたか?
「春」「夏」「秋」「冬」
イメージによって音が変化しましたか?


え? ちっとも変わらないよって?
ひょっとしたら あなたの身体の どこかが
緊張して 固くなっていませんか?
首や内蔵…特に横隔膜(胃の上のあたり)が固くなると
声が一色になってしまうのです。

元気よく声を出そうと
腹式呼吸で、お腹に力が入っている時もそう。

お風呂にでも入って、ゆっくり身体をほぐして
ゆったりしたときに、もういちど試してみてください。

それから、大きな声を出そうとせず
小さな声からはじめて 無理の無い程度に
徐々に声を出して行きましょう。

イメージを浮かべる時は、
必ず鼻から息を吸うようにしてね。


そして目をあけること。
だって、目をつぶらないと朗読できなくなっちゃったら困るでしょ。

難しかったら、最初は目をつぶって声を出し
つぎは開いて 声を出す。
という風にやってみてください。


そして、前にも書いたけど
このレッスンをやってみる時には
「春は好き」とか「冬は嫌い」とか
個人的な感情をいれないこと。
イメージによって 身体の中が変化することで
声が自然に変化するのに
感情を入れてしまうと、
感情の変化だけになってしまうので
このレッスンの目的と 別のものになるからです。





関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はんがん

Author:はんがん
河崎早春(かわさき さはる)
俳優、朗読家。

舞台の案内、これまでの舞台、仕事歴は
公式HP 「ことばの国」

朗読、語りの様子はYouTube
「ちりぢごく」「瘤取り」ほか

YouTube Facebookにて「本に囲まれて」
本に関する情報を発信中。

プライベートな 趣味の世界は Facebook

なお、武者小路実篤記念館のHPで
詩の朗読の映像も見られます。
→ 「詩の世界」

最新コメント
最新トラックバック
ようこそ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ