FC2ブログ

芝居で出合った 演出家、俳優の 現場のイイ話。私の本箱、イメージを言葉にする とっておきの方法 。 エッセイ、イラスト、本のコレクションの紹介、その他 私のお気に入り あれこれ 

見た聞いた!

春画展みたいよ〜

ピエール•カルダンと昼食した!!ときのはなしです。
もう30年くらい前になりますが
パリに行った時に、
「今からランチをご一緒できるかなあ」
と父が空港から電話して、
友人をランチに誘いました。
「もうひとり連れて行ってもいいならだいじょうぶよ」
といわれて…それが…びっくり。カルダン氏でした。
当時 パリで最も多忙な男 と言われていた
カルダンの時間が たまたま空いたので
「連れて来ちゃったわ」…と。

食事中、彼は好奇心一杯にあれこれ質問を浴びせ
次から次へと目をキラキラさせて喋り…
それは子供の目をした紳士でした。

こうして4人で食事をしたあと
彼の芸術の発表の場として作ったエスパス•カルダン
案内していただきました。
「ここで北斎の春画展をやったのですが、素晴しかったですよ」
それは、地下のスペース。
真っ暗にして、入り口でチケットと一緒に
ペンライトを配ったそうです。
いかにもカルダンらしいユーモアとアイディア!
ひとりひとりが ペンライトの明かりで照らしてみる
大胆であり繊細な技巧の極地である春画
それはどんなに素敵だったでしょう!
こんな風にして見てみたいなあ…。

しかしっ、日本では真っ暗な展覧会は消防法に触れるし
第一、本物の春画を見られるような展覧会自体が
開催されないのです。
大英博物館にはじまって世界各地を巡回する春画展を
日本だけが受け入れないなんて!
一流の画家たちが春画をこぞって描いたというのは
江戸の遊び心。
いかに現代に遊び心が失われているか…。
日本が誇る、素晴しい江戸文化なのにぃ。
なんてこったい!!
だいいち、江戸時代には子供だって見てたし。
お嫁に行く娘に持たせた人もいるくらいだし。
私だって小学生の頃に
父に社会教育の一環として
印刷した春画も見せてもらったし、
昔の吉原遊郭跡だって連れて行かれた経験があるけど。
だからって、性犯罪には関係してないぞ。
まあ、少々エッチな話は好きになったかも知れないけど…。
見せなきゃいいってもんじゃないでしょね〜。

春画記事
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はんがん

Author:はんがん
河崎早春(かわさき さはる)
俳優、朗読家。

舞台の案内、これまでの舞台、仕事歴は
公式HP 「ことばの国」

朗読、語りの様子はYouTube
「ちりぢごく」「瘤取り」ほか

YouTube Facebookにて「本に囲まれて」
本に関する情報を発信中。

プライベートな 趣味の世界は Facebook

なお、武者小路実篤記念館のHPで
詩の朗読の映像も見られます。
→ 「詩の世界」

最新コメント
最新トラックバック
ようこそ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ