芝居で出合った 演出家、俳優の 現場のイイ話。私の本箱、イメージを言葉にする とっておきの方法 。 エッセイ、イラスト、本のコレクションの紹介、その他 私のお気に入り あれこれ 

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た聞いた!

アルバイト(1)

高校時代、友人が夏休みのアルバイトをするというので…
「私もやってみたい!」と叫んだ。

その私のひとことで 
父が俄然 張り切りはじめた。

「皆がやってるような、くだらないアルバイトはだめだ。
どうせやるんなら、社会経験を積めるものにしなさい」


人脈を駆使して見つけてきたぞとばかり、
父は得々と語った。

「ふたつ話をつけてきた。
 ひとつは、下町の刺青の彫物師のところでお茶出しだ。
 見たことのない、いろんなタイプの人が出入りするから
 人生経験になる。
 もうひとつは
 京都の老舗旅館で下働きだ。
 お客の人間模様も面白いし
 厳しいしつけもしてもらえる。
 どっちがいい、
 好きな方を選びなさい」


私は彫物師の方に ちょっと気持ちが動いた。

「冗談じゃないわ」と母。
「彫物師なんかのところにやれば
 刺青を入れられちゃうかも知れないし
 ヤクザなんかが出入りするんでしょう?」

「そんなことはないさ。
 素人の娘に刺青なんかしないよ。
 それに、何と言ってもお目付役がいるんだから安心だ」


「彫物師なんてとんでもない!
 常識で考えてください。
 それに京都の旅館だって、
 老舗だろうとなんだろうと
 高校生が一夏も親元を離れて京都にいくなんて
 絶対に駄目!」

こうした母の大反対で、
過保護な一人っ子の私は
人生経験の絶好のチャンスを逃してしまった。

あ〜あ、こんな刺激的なアルバイトをやってれば
もっと面白い人間に出来上がってたかもしれないのにねぇ。

スポンサーサイト
プロフィール

はんがん

Author:はんがん
河崎早春(かわさき さはる)
俳優、朗読家。NPO日本朗読文化協会講師。

舞台の案内、これまでの舞台、仕事歴は
公式HP 「ことばの国」

朗読、語りの様子はYouTube
「ちりぢごく」「瘤取り」ほか


プライベートな 趣味の世界は Facebook

なお、武者小路実篤記念館のHPで
詩の朗読の映像も見られます。
→ 「詩の世界」

最新コメント
ようこそ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。